荷主とドライバーをマッチングするクラウドソーシング・プラットフォーム
Pick GO


最近新聞などにも掲載されているようなので、
軽配送の仕事をしている以外の人も耳にしたことがあるかもしれません。

これから軽配送を開業しようか悩んでる人。
現在軽配送の仕事をしていてPick Goを試してみようか悩んでいる人。

情報が欲しい方も多いと思うので、1度試しにPick Goで仕事を受注してみよう
思います。

Pick Goとは?


そもそもクラウドソーシングで軽配送って何??

「配送を依頼したい荷主」と「仕事をしたいドライバー」をマッチングするサービスです。
スマホのアプリで簡単に受注ができます。
よく目にする「ランサーズ」や「クラウドワークス」の配送版といった感じですね。

ドライバーの方としては、スマホでアプリをダウンロードして、必要な情報を登録。
Pick Goの担当者が情報確認終了後、
すぐに仕事を探すことが可能です。

登録に必要なもの

登録に必須な情報は以下の通りです。

1.顔写真
2.車の写真
3.免許証の写真
4.自賠責保険の写真
5.任意保険の写真

これらをアップロードしてPick Goの方で確認が完了するまで待ちます。
1営業日ぐらいで完了できました。

受注の仕方

受注の仕方は簡単です。
「依頼リスト」を開くと下記のような画面が表示されます。

Pick GO.jpg
※金額は一応モザイクかけました

気になる案件があったらタップすると詳細が表示されます。

Pick go2.jpg

問題なければ「エントリー」をし、依頼が確定されるのを待ちましょう。

アプリ内では金額は「pt」で表示される

アプリ内「円」表示ではなく「pt」で表記されています。
ただし、1pt=1円ですので、そのまま「円」だと思えば大丈夫でしょう
仕事完了後、ポイントがマイページ内に溜まりいつでも換金できるようです。
すぐに現金化できるので、そのあたりは大きなメリットになりますね。

手数料に関して

・振込申請したポイントが250,000pt未満の場合は15%差し引かれます
 また、振込手数料として1申請につき432pt負担となります

・振込申請したポイントが250,000pt以上の場合は10%差し引かれます

上記のことから頻繁に振込申請してしまうと不利になるので、
ある程度ポイントを貯めてからまとめて申請・・が良いのではないでしょうか

ということで、実際やってみないとわからない部分も多いので自分で受注してみました。
実際稼働してみての感想等、後日報告したいと思います。
また実際に稼働することで理解できる部分も多いと思うので、
色々とまとめた記事も作りたいと思います。

★続き更新しました★
今話題の「Pick GO」案件単価はどうなの?〜その2:実戦+案件単価を考察する編〜

クラウド.jpg
カテゴリ